ソープの料金は幾ら? | ソープで普段と違う快感を。利用する時に注意すべきことを知ろう。
menu

ソープの料金は幾ら?

海を見ている女性

普通の風俗じゃ楽しむことができなようなサービスを楽しめるソープ、このソープには通常の風俗にはない多くの特徴が存在していますが、その中でも特に大きな特徴として利用料金に関する特徴があります。
まず一般的な風俗の利用料金ですが、これは誰が見ても分かるようなもので、時間辺りの料金がそのまま利用料金になります。
したがって、特に何か計算をしたりといったことは行わずとも利用することができます。
しかしソープの場合そうは行かず、利用前には一度簡単だけれども計算をしなければ行けないのです。

まずソープの利用料金というのは、総合計という呼び方をします。
そしてこの合計という呼び方をすることからも分かるように、何かを足して合計しなければ利用料金が求められないのです。
では何かを足すのかというと、それは入浴料とサービス料という2つの利用料金です。
まず入浴料というのはソープの中に入るために支払うお金のようなもので、これは川崎や吉原などソープ街の場所問わずどの店舗でも必ず確認できるようになっています。
そしてサービス料ですが、これはソープの店舗内に入りソープ嬢からのサービスを受けるために、ソープ嬢に対して支払うお金のことです。
そしてこのサービス料は店舗内外問わず掲載されておらず、利用時には入浴料から自分で計算し求める必要があるのです。
計算方法は非常に簡単で、入浴料の2倍から3倍のお金がそのソープのサービス料になります。
したがって、総合計は入浴料と入浴料の2~3倍のサービス料、この2つを求めた後に合計することによって、知ることができるのです。